室蘭市の遺品整理ならお任せ下さい。

片づけ屋本舗 クリーン堂

室蘭市の遺品整理【ポイントとFAQ】

遺品整理を室蘭市で展開しているのが私たちのサービスです。遺品整理については生前予約も受けつけています。故人の部屋や遺品をスタッフが丁寧に整理します。見積りや作業の立ち会いができない人でも利用することが可能です。孤独死した故人の遺品の整理に対応することもできます。また、これから長期入院するために自宅や福祉施設の家財を整理し

遺品整理 室蘭市

たいというニーズにも対応可能です。当社はこれまでに豊富な片付けの実績があり、遺品整理についても経験豊富なスタッフが揃っているため、安心してお任せください。女性スタッフが在籍しているため、細かなところにもよく気がつき、心遣いのあるサービスでサポートします。箱車によって対応することができ、個人情報はしっかりとガードします。遺品整理の見積りや問い合わせについては、24時間体制で受けつけているため、いつでも気軽にご相談いただけます。遺品整理だけではなく、不用品の回収や各種清掃、解体といったサービスにも対応しています。明確な料金をお伝えしてサービスを提供しています。追加料金が発生すれば、その都度、作業をストップして明確にお知らせします。遺品整理に関する悩みや心配事があれば、いつでも片づけ屋本舗 クリーン堂にまでお問い合わせください。

01室蘭市にある遺品整理・不用品回収業者とは?

遺品整理とは故人のお部屋の片付けや清掃を行い、残された品物を整理することです。特に、身の回りの物や愛用されていた品物はご家族にとっても思い出が深いもの。大切なご家族を亡くされた悲しみの中、思い出の品を見たり触れる事すら出来ず、遺品整理が出来ないまま数年が経過するケースも少なくありません。そして、遺品の量が多く、ご家族では片付けが手に負えない場合や、遠方に住んでいて着手することが難しいなど、遺品整理専門業者へ依頼されるご遺族が年々増加しています。
室蘭市に、遺品整理士認定協会より認定されている遺品整理業者があります。北海道全域に対応し、遺品整理士の有資格を持つスタッフが遺品整理を行います。
高齢化社会が進む中、遺品整理業を名乗る会社が増えていますが、正規の会社ばかりではないため、業者を選ぶ時には注意しなくてはいけません。
一つのポイントは有資格者が在籍する遺品整理認定企業であるかと言う点です。この段階で業者の社会的信用度が計れるでしょう。
こちらの業者では、リサイクル品を流通させる独自のルートを持っているため、処分品の中に再販できる品物があれば買取が可能。お客様の費用負担が軽減されますし、廃棄物減少にも繋がります。
遺品整理においてお客様の信頼度が高く、生前予約も多い遺品整理業者です。

02初めての方にお伝えしたい遺品整理を業者へ依頼するのが良い理由

ご家族が亡くなった時、遺品を継承できるのは相続人です。身内だからと相続人以外の人が故人の家に入り、形見分けして欲しいと貴重品を持ち出してしまい揉めることがあります。こういったことは法的に間違った行為であり、相続人を無視することは出来ません。相続人が複数人いる場合は後々のトラブルを防ぐために、遺品の処分費用、もしくは遺品整理業者へ依頼する場合の費用、お住いの光熱費の支払いや故人の携帯電話や固定電話の通信費、賃貸物件であれば家賃など様々な支払いが発生することについて話し合いをする必要があります。

初めての方にお伝えしたい遺品整理を業者へ依頼するのが良い理由

相続人同士で同じ認識を持ち、整理していかなくてはいけません。誰もが慣れないことであり、故人を失って日が浅い中、心中的に簡単ではありませんが、冷静に対応することが大切です。
遺品整理は、遺品の数や住まいの広さにより異なるとはいえ、時間や労力がかかる作業です。遺品整理により身体を壊したり品物を破損してしまうこともあるため、無理なく出来ることだけを相続人で行い、それ以外はプロの遺品整理業者に依頼するのが時間的にも費用的にも抑えられることが多いです。
また、業者を探す際に必ずチェックするべきポイントは遺品整理士認定協会の認定企業に選ばれた業者であるかです。違法業者が数多く存在しており、不法投棄の問題などが散見されますので専門知識を習得し、適切な対応で遺品を取り扱う業者に依頼しましょう。

03遺品整理で多い3つのお悩みについて

身内の遺品整理をすることになると、遺品の仕分けをしていく作業から始まります。不用品は分別し、産廃処理施設へ持ち込んで処分したり、市町村の粗大ゴミに出す、再販できるものはリサイクルショップに買取してもらうなど、細かな作業が必要です。
遺品整理の際に多いお悩みから3つを挙げました。

1.不用品や処分品に手間と時間がかかりすぎる
2.荷物が多すぎて片付けの目途が立たない
3.賃貸住宅で退去日が決まっているがそれまでに作業と部屋の掃除が終えられそうにない

遺品整理をご遺族様で行う場合、最も多いお悩みは予想外に時間と手間がかかるということです。実際に家具の中身、押し入れや物置など、外から見えない収納箇所の荷物を整理し始めると、荷物の多さに唖然とし、片付けにかかる時間が予想できなくなる方が多いようです。
賃貸物件であれば作業を終えなくてはいけない期限がありますから、気負いも増えます。ご近所へのご迷惑を考えると深夜や早朝の作業は避けるべきですし、焦りから頭を抱えてしまう方もいるでしょう。
このようなことから生前整理を進められる方が増えていたり、お元気な時に終活の一環として不用品を処分するよう意識されつつあります。生前整理の際、体力に不安のある方は専門業者へ依頼されています。
遺品整理の専門業者を利用されるとご負担が軽くなりますので選択肢の一つとして認識されるとよいでしょう。

04遺品の対処方法、遺品整理の種類について

身内の方がが他界された後、四十九日法要や百日法要を終えられたタイミングが遺品整理の時期として好ましいとされています。
故人の使用していた家財や身の回りのモノを整理しながら、不用な物を処分したり、大切なものは形見分けを行います。始めて遺品整理を行う場合は何から、どのように始めてよいものか悩まれると思います。
遺品の種類とその対処方法についてご説明しましょう。
家電製品 ご購入から5年以内など比較的新しい品物であれば買取業者へ査定に出すとよいでしょう。古い、壊れている、と言った場合は処分しましょう。
冷蔵庫やエアコン、テレビなどは家電リサイクル法の対象ですので粗大ゴミには出せません。一般廃棄物処理業の許可を持っている業者へ回収してもらうか、ご自身で自治体などの引取り所へ持ち込みする方法もあります。予約が必要な場合もありますので、事前に確認しましょう。
宝石や貴金属、骨董品や絵画など 高額なものは相続財産とみなされ、贈与税がかかることもあります。遺言書などで相続人の確認を行い、適正な対応が必要です。ご親族に相談なく持ち出すことは出来ないため注意しましょう。
写真やアルバム、ビデオテープなど 大切な思い出の詰まったお品物ですのでご家族で形見分けされることが多いです。嵩張るため収納場所に困るという場合はデジタル化することでコンパクトになり、ご家族や兄弟で共有も出来ます。
身の回りの物 衣類や生活用品などは形見分けの後、分別して普通ゴミに出したり、自治体の粗大ゴミ回収を依頼します。
遺品整理は予想以上に大変なため、生前整理を早いうちから進めておくことが望まれます。

FAQ一覧

PageTop