遺品整理をする意味とは|室蘭市の遺品整理ならお任せ下さい。

片づけ屋本舗 クリーン堂
遺品整理、引越、不用品回収・買取などすべてお任せ!

faq

Q

遺品整理をする意味とは

質問 室蘭市でずっと暮らしてきた父が先日病気で亡くなりました。
私は現在仕事の関係で札幌で妻と子供2人の4人で暮らしていますが、いつかは室蘭の実家に戻って両親の面倒をみようと決めていて、父が亡くなり母が一人になってしまったので、仕事の調整をしてなるべく早めに室蘭に戻ろうと思っています。
というのも、母は元々お嬢様育ちで、今までずっと父に依存して生きてきて、一度も世の中に出て働いてことがなく、家事もほとんど父がしてきて、家のことが全くできないからです。
父の葬儀のときもずっと泣いているばかりで、喪主も私が務め、葬儀の後も心配なので半月くらい実家にいましたが、改めて一人では何もできないことが分かりました。
実家には父の遺品もたくさん残っていて、母だけでは遺品整理もできないと思います。本格的に実家に戻るにはまだ少し時間がかかり、父の遺品だらけの家に母を一人にしておくとずっとこのまま気持ちにも踏ん切りがつかないと思うので、近々実家に帰って遺品整理をしようと思っています。
しかし、私もこれまで遺品整理をした経験がなく、何をどうすれば良いか分かりません。そこで質問なのですが、一般的な遺品整理のやり方を教えてください。それと、遺品整理を行う意味も知りたいので、それも含めてご回答をよろしくお願いいたします。

yajirusi

A

遺品整理により故人と遺族の人生に区切りが付けられます

遺品整理は必ず行わなければいけない作業ではなく、ずっと思い出の詰まった遺品を敢えてそのままにしておく方も少なくないようです。
しかし、遺品がそばにあることで気持ちになかなか踏ん切りをつけられない方もたくさんいます。遺品整理は、残された家族の今後の人生のために、区切りを付けるために行う大事な作業でもあります。
気持ちに区切りを付けるために、遺品整理は四十九日や新盆、一周忌、三周忌などのタイミングで行う方が多いです。
一般的な遺品整理の方法には、遺族で行う、買取業者に依頼する、専門業者に依頼するの3つがあります。
遺族で行う場合は、形見分けもしながら不要なものをゴミとして処分していきます。
まだ利用できてお金に換えられるものがある場合は、リサイクルショップなどの買取業者を利用するケースが多いです。買取にも対応している不用品回収業者を呼んで、売れないものはそのままゴミとして回収してもらう方もいるようです。
遺品整理業者に依頼すれば、結果的には不用品回収業者と同じく、遺品を買取や回収してもらえることになりますが、専門業者に依頼する場合は、一つひとつの遺品を丁寧に扱ってもらえて、希望をすればお焚き上げをして供養してもらうこともできます。

PageTop