遺品整理が大変な理由とは|室蘭市の遺品整理ならお任せ下さい。

片づけ屋本舗 クリーン堂
遺品整理、引越、不用品回収・買取などすべてお任せ!

faq

Q

遺品整理が大変な理由とは

質問 私が無知なだけかもしれませんが、遺品整理という言葉は最近よく耳にしますが、一昔前はこの言葉を聞くこと自体なかったと思います。
遺品整理は故人が遺していった物を、その字の通りに整理したり処分したりするこというのは分かっているのですが、どうして最近になって遺品整理をいう言葉がよく使われるようになったのでしょうか?
遺品性業者も増えてきているという情報も私のところには届いていますが、わざわざお金を払って遺品整理をしてもらうほど大変な作業ということなのでしょうか?そうだとしたら遺品整理が大変な理由を教えてください。

yajirusi

A

今の時代遺品整理が大変な理由はいろいろあります

遺品整理の需要は年々高まってきていることは事実で、その大きな理由が少子高齢化や核家族化が急速に進んでいるからだと言われています。
一昔前は大家族で1つの家に長く暮らすスタイルが普通だったため、家族が亡くなっても遺品をそのままにしておくケースが多かったです。
大昔は今のように洋服なども安くはなく、物も少なかったこともあって、遺品を再活用したり親族間で形見分けされたりする品も多かったという事実もあります。
しかし今では核家族化が進んだことから、一人暮らしの高齢者が増え、賃貸物件に住んでいたような場合は、遺品をそのままにしておくわけにはいかないため、遺族が遺品整理という封単を担わなくてはいけなくなって、遺品整理業者の需要が高まったというわけです。
このような状況で自分たちだけで遺品整理をするとしたら、それなりの時間も必要で手間もかかることになります。
故人が住んでいた家や部屋をキレイに片付けて遺品を全て処分することは容易ではありません。一軒家で荷物が多い場合は、大人数がいなければとても1日で全て終わらせることはできないと思います。
さらに、普通の荷物を整理・処分するのとは違い、遺品に向き合うということは精神的に大きな負担にもなります。特に突然倒れたり事故などで無くなったりした場合は、心の準備も必要で、多くの遺品を短期間で整理することは大変としか言いようがありません。
ちょっとしたゴミなら自治体に無料で回収してもらえますが、遺品には家具や家電もあるため簡単に処分することはできないのが遺品整理の特徴です。
また、遺品の中に金目のものがある場合は、親族間でトラブルになることも多く、相続に関する問題になるため、勝手に遺品に手をつけることもできない事情もあります。

PageTop